死別後を生きる

2015年春 夫と突然死に別れ…
ふたりの子どもとともに残された
わたしのココロ模様

狂っている

時が経てば経つほど、

死別ということが

どういうことかということを

思い知らされる。


ほんとうに

ほんとうに

会えない。

声すら聞くこともない。


そしてわたしは

ずーっと哀しみを携えたまま、

この幻のような世界で

フワフワとただよっている。


これが現実なら

わたしが正気なら

とても生きていられない。


ながいながい夢から、早く目覚めたい。

今日も寂しい

以前のように

涙が止まることなく泣くことはないけれど、

今でもこころの奥底で

この絶望しかない状況に

慟哭し

のたうち回ることがある。


悲しみは

毎日毎日 静かに湧き出でていて、

いつも胸いっぱいに広がっている。


今日のように

明るく優しい日射しが

わたしを照らす日でも。

元気が出ない

主人が逝った春がまた廻ってきたせいか、

このところ

気分が堕ちっぱなし。


消化試合のような毎日。


早く終わらないかなぁ…


生きるのが辛い。

辛いよ。